脳梗塞を完治させる治療法|食事療法なども行ない徹底的に症状改善

新しいがん治療の在り方

女性

がん治療は外科手術と放射線治療、抗がん剤の3つが中心ですが、樹状細胞療法を含む免疫細胞療法が次世代の治療法として研究が進められています。副作用がほとんどなく患者への負担が軽い樹状細胞療法は、体内のがん細胞を減らすための有力な方法として導入する病院も増えています。

詳しく見る

どのように予防するか

男性

ステントを留置します

脳梗塞の中でもアテローム血栓性脳梗塞は、アテロームの位置が分かるため他のラクナ梗塞や心原性脳梗塞と違って、事前に発症部位が分かることになります。このような場合には、アテロームをステントを使って補強し破れづらくする治療法に関心が集まります。ステントとは血管の中で筒状に広がる金網のような医療器具です。アテロームがある部分は通常、表面が非常に脆くなっており、そこから出血すると血栓がその場にできてしまい脳梗塞が発症してしまいます。そこでステントをアテロームの内側に設置して破れないように保護します。具体的には、大腿の太い動脈からカテーテルを脳まで運び、レントゲンを見ながら医師がステントを留置します。痛みを感じるものではないので、手術は1時間程度で終わります。

食事を変えよう

ラクナ梗塞や心原性脳梗塞は、心臓などで作られる血栓が原因であるため、アテローム血栓性脳梗塞のように発症以前に治療ができません。予防的に心臓の動きを正常にする薬を使ったり、血栓ができないように予防薬を飲んだりすることができる程度です。そのためこれらの疾患では、薬物に頼るだけでは不十分で、日常生活の改善が治療として重要になります。中心になる治療方法は食事療法です。血栓は動脈硬化と関係があり、動脈硬化が起こる血液中では血液が固まりやすくなっています。動脈硬化の原因は、高脂肪食や高エネルギー食、高塩分食で、高脂血症や糖尿病、高血圧の治療で行われるような食事療法が有効になります。具体的には、総カロリーを減らすことと塩分制限です。

病気を治す

レディー

伊丹の内科は病院内だけの診察でなく、高齢者も増えていくことから訪問医療にも力を入れていくことでしょう。気をつけることは、なんでもすぐに、大病院で治療をうけないことです。近所のかかりつけ医を見つけることです。

詳しく見る

呼吸を改善しよう

医者

睡眠時無呼吸症候群は2種類ありOSAは、上気道が狭くなる症状です。CSAは扁桃腺や喉まわりの脂肪が原因です。これらを予防するには、肥満を解消し飲酒や睡眠薬を制限することが必要です。それに、鼻炎を改善して口呼吸から鼻呼吸にすることも大切です。

詳しく見る